宮本信子の昔は脱いでる?若い頃(阪急電車)の画像とあまちゃんの演技が上手い!

この記事は約7分で読めます。

プリオールのCMで女優の原田美枝子と2人で一緒にとびっきりの笑顔が素敵な宮本信子さん。

最近では、ドラマや映画などで優しいおばあちゃん役でたまに見かけます。

ドラマ「この世界の片隅に」でもやっぱり優しいおばあちゃん役を演じていました。

そんな宮本信子さんは「脱いでる」とネットで検索されているようですが、本当かどうか調べてみました。

また、宮本信子さんの若い頃の画像や映像「阪急電車」での画像をまとめてみました。

今回は、女優の宮本信子さんについてまとめてみました。

[sc name=”miyamotonobuko”]

 

スポンサーリンク

宮本信子さんの昔の姿が綺麗で素敵!

宮本信子さんとは…

生年月日:1945年3月27日(73歳)

出身地:小樽市

身長:157 cm

受賞歴:日本アカデミー賞、最優秀主演女優賞

宮本 信子は、日本の女優、歌手。北海道小樽市生まれ、愛知県名古屋市育ち。愛知淑徳高等学校卒業。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所は東宝芸能。俳優の千秋実と父が従兄弟。

宮本さんは、1963年、「文学座付属演劇研究所」に入所。

翌年の1964年に退所。同年、劇団「青芸」に入団。

「三日月の影」で初舞台を踏まれますが、またも退団。

そして、劇団「青俳」に入団すると、1967年、「地の群れ」「神通川」などに、
出演するなど、キャリアを積まれました。

1972年に劇団「青俳」も退団。

その後は、フリーとして活動され、1970年代はテレビドラマの脇役を、多く演じられていましたが、1984年に主演された、映画「お葬式」が大ヒット!

この映画は、宮本さんの夫、伊丹十三さんの監督作品なのですが、この映画を皮切りに、
伊丹作品にすべて出演。

1988年「マルサの女」では、「シカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞」「日本アカデミー最優秀主演女優賞」「キネマ旬報報道主演女優賞」など、数多くの映画賞を受賞し、
演技派女優の地位を確立されたのでした。

宮本信子さんは初めは脇役でしたが、女優としての経験をたくさん積んで今があるんですね。

また、宮本信子さんの年齢はウィキペディアによると現在73歳だそうです。

とても73には見えないくらい綺麗ですよね!

10歳以上は若く見えます。

今でも十分に綺麗な宮本信子さんは昔から綺麗だったんでしょうか?

海道小樽市で生まれ育った宮本信子は4歳の時に名古屋に移住したそうです。

習い事で日舞をやっていた宮本信子は発表会の舞台に感動して、役者に憧れたそうです。

高校を卒業した宮本信子は『文学座附属演劇研究所』に所属し、翌年には劇団青芸に在籍し『三日月の影』や『地の群れ』といった舞台に出演した。

映画『日本春歌考』で知り合った伊丹十三と結婚した宮本信子は二児の母となり、子育てに専念するために一時芸能界を離れた。

1984年に映画『お葬式』で復帰した宮本信子は、1988年に公開された映画『マルサの女』が大ヒット。

伊丹十三さんと結婚をして、2人の息子の母のようです。

宮本信子さんは子供に厳しくもあるけど、優しい母のイメージです。

どんな母親だったんでしょうね。

 

スポンサーリンク

宮本信子さんは脱いでるって本当なの?

ネットではなく「宮本信子 脱いでる」と検索されているようです。

いろいろ想像してしまいますが、脱いでるとはいったいどううことでしょうか?

調べてまとめてみました。

最終回まで残り1カ月を切り、視聴率もさらに上昇する朝ドラ「あまちゃん」。

能年玲奈や橋本愛のキュートさもいいが、北三陸の海に潜る「海女クラブ」の面々である。

日頃はかすりの着物にスッピンで過ごしているが、この女優陣が実は“一糸まとわぬ大胆ヌード”に挑んでいた妖艶派ばかり。

その筆頭は「夏ばっぱ」こと宮本信子。

亡き夫の伊丹十三作品では、ほぼ主演を飾っていたが、異色だったのが芸者の半生を描いた「あげまん」である。

この映画の冒頭に、突然、上半身のフルヌードが映り、予想外に美乳だったことで観客を驚かせた。

あげまん』は、1990年に公開された日本映画。伊丹プロダクション制作、東宝配給。

監督・脚本は『マルサの女』『マルサの女2』で大ヒットを記録した伊丹十三で、主演は宮本信子。

どうやら宮本信子さんが「脱いでる」のは本当でした。

映画の撮影の為に脱いだようです。

体当たりの演技というやつですね。

映画「あげまん」が公開された1990年、宮本信子さんは45歳です。

やっぱり綺麗ですよね!

この映画は、熟女好きにはたまらない映画なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

宮本信子さんの若い頃・阪急電車・あまちゃん画像

宮本信子さんの出演作品を画像と共にご紹介します!

 

若い頃の宮本信子さんの画像を調べてまとめてみました。

20代くらいの宮本信子さんの画像でしょうか?

昔は綺麗というよりかわいらしいですね!

旦那の伊丹十三さんは、1997年に突然この世を去っています(T_T)/~~~伊丹さんと宮本さんの出会いは、映画「日本春歌考」で共演したことでした!

旦那さんもイケメンですよね!

美男美女でお似合いで、2人ともすごく幸せそうです。

 

中谷美紀さんが主演を務めた映画「阪急電車」に宮本信子さんが優しいおばあちゃん役で出演しました。

2011年公開。原作有川浩。監督三宅喜重。

阪急今津線、宝塚から西宮までの八駅15分の電車に乗り合わせるフツーの人のふれあいの群像劇である。

阪急の全面協力でロケが行われ、キャストもほとんど関西出身の俳優である。

この映画で宮本信子さんは名言を残しています。

電車を降りてもまだ泣き止まない芦田に言う。
「あなたは何も悪くない。泣くのはいいけど自分で涙を止められる女になりなさい」

すごく名言ですよね〜

この映画も、すごく心が温かくなるような素敵な映画です。

 

能年玲奈さんが主演を務めて、じぇじぇじぇでおなじみの大人気だった「あまちゃん」にも宮本信子さんは出演していましたよね。

『あまちゃん』は、2013年度上半期にNHKで制作され、総合テレビとBSプレミアムで放送された連続テレビ小説・第88シリーズのテレビドラマ作品である。

映画「マルサの女」「ミンボーの女」など、伊丹十三監督の映画で、個性的なオバサンの役を多く演じ人気を博した、女優の宮本信子(みやもと のぶこ)さん。

しばらく芸能活動を控えられていましたが、2013年「あまちゃん」「夏ばっぱ」役で再び注目を集めました。

宮本信子さんは「あまちゃん」でも大活躍でしたね!

 

スポンサーリンク

宮本信子さんは「あまちゃん」での演技は上手いの?

宮本信子さんの演技は評価されていて、最優秀主演女優賞など数々の賞を受賞しています。

おばあちゃん役でよく宮本信子さんを見かけますが、かわいらしくて優しいおばあちゃんを演じられています。

そんな宮本信子さんの演技は上手くて、引き込まれます。

 

連続テレビ小説「あまちゃん」での宮本信子さんの演技も上手いんでしょうか?

調べてまとめてみました。

宮本さんは、2013年、
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で、主人公のあまちゃんこと、アキ(能年玲奈さん)の、おばあちゃん、夏役を演じられています。

脚本を担当した宮藤官九郎が、演技を超えた宮本の芝居に、思わず「こんな台詞(セリフ)書いた?」と台本を読み返したことが明らかになった。

宮藤はVTRで登場。

最終回での春子(小泉今日子)らの合同結婚式での夏ばっぱ(宮本)のスピーチのシーンについて「あまりにもすごい説得力だから、『あれ、オレ、こんなセリフ書いたかな?』と思って、全部台本読み返した」と驚いたことを明かした。

自分の書いた脚本とは別物に思えたほどの宮本の演技。

台本を読み返したところ、一字一句「台本通りだ!」ということに気づき、「(演技で)オレの足りない言葉を足してくれてたんだな、と思って。

今まで経験したことのない感じですね」と感服していた。

「あまちゃん」の脚本である宮藤官九郎さんもベタ褒めするくらいに宮本信子さんの演技は上手いということですね!

しかし、「今まで経験したことのない」とは宮本信子さんはすごいです。

コメント