梅沢富美男のあざは太田母斑で顔の病気だった?本名と治療法は?妻に殴られた!?

この記事は約7分で読めます。

今回は梅沢冨美男さんについて記述していきたいと思います。

梅沢冨美男と言えば毒舌で、歯に衣着せぬコメントで憎めないキャラとして有名ですよね。

しかし、そんな梅沢さんの顔に”あざ”が見つかり、病気説などの様々な憶測が飛び交っています。

また「本名」も気になるところですので、そちらについて調べていきたいと思います。

[sc name=”umezawatomio”]

 

スポンサーリンク

梅沢冨美男さんの顔にあざ?

早速、梅沢さんのあざに関して記載していきます。

顔の左側にあざがあると話題になっていますが、確かによく見ると左の頬骨の辺りが黒っぽくなっていることが確認できます。

あざというよりもシミといった感じがしますね。

青ひげまでも隠すことができるドーラン(主に舞台用の油分の多いファンデーション)を使用していると思われますが、それでもこれだけ確認できるとなると、すっぴんではそうとう濃いあざだと思われます。

確かに、左頬が黒ずんでいますね。

シミかあざかと言われると微妙なところではありますね。

実際ドーランを塗ってこの黒ずみだとかなり私生活では目立ちそうですね。

 

あざの原因は「太田母斑」(おおたぼはん)?

梅沢富美男さんのあざは顔の左側の目元のあたりにありますが、顔にできるあざの原因として『太田母斑』が原因ではないか?と噂されています。

『太田母斑』とはどのようなものなのか確認していきましょう。

『太田母斑』とは、頬を中心とした特に目の周囲に青色から褐色の小さい点が集まって斑をつくり、特に日本人を含む東洋人の女性が多く発症する病気とされています。

この病気は身体に影響があるというよりも、顔面にあざやシミのようなものが出来ることで、見た目に影響するものです。

このあざは治療するのにレーザー治療に何度も通わなければならなく3年近く治療にかかるため億劫に感じるかもしれないですね。そして少し痛みも伴う様なんです…。

この『太田母斑』は大きく分けて早発型遅発型があります。

 

太田母斑:早発型

生後~思春期に発症し、成長とともにあざが大きくなる可能性があります。

 

太田母斑:遅発型

30歳~40歳の女性に多く発症し、褐色のシミの症状が出現するものを言います。

左の頬辺りを確認すると現在のような黒いあざのようなものが無いことが分かりますね。

このため梅沢富美男さんの❝あざ❞は遅発型だと考えられます。

『太田母斑』の原因は、現在も解明されていませんが、メラニン細胞が集まることにより発症するとされていおり、良性腫瘍の一種とされています。

『太田母斑』が身体に悪影響を及ぼすとは言われていませんが、女性に多いということもあって、大きいシミやあざが顔面にあることで精神的なストレスを抱える方が多いとのこと。

梅沢富美男さんの場合はテレビでも❝あざ❞を確認できますので、隠している訳でもなくそこまで気にしていなさそうですね。

可能性としてのひとつに太田母斑がありましたが、良性腫瘍ということで安心ですね。

見た目に影響するので、女性はストレスになるそうですが、梅沢さんは気にしていなさそう。

なんとなく治療法があっても「良性だから大丈夫だろ」と言って治療もしなさそうな感じがしますね。

 

治療法は?

では、実際の治療法はどういった手段で行うのでしょうか。

『太田母斑』の治療法について、少し前は母斑が出ている皮膚表面を薄く削る手術やドライアイスを使用する凍結療法などで処置されてきましたが、現在はレーザー治療で母斑を薄くする治療が主流となっています。

内服薬はビタミンC(メラニンに対する薬)、外用薬はメラニン除去のための軟膏などが処方されることもあるとのこと。

メラニンが関係して発症するものですので、予防には日焼け対策が重要かもしれませんね。

『太田母斑』は良性腫瘍で悪性になる可能性は低いとされていますが、日焼けによるものだった場合注意が必要でしょう。

日焼けは日光皮膚炎や、ひどい場合は皮膚癌などになる可能性があるとされていますので、『太田母斑』に限らず、日焼け対策には気を付けたほうがいいですね。

あざの原因とされる『太田母斑』について見ていきましたが、梅沢富美男さんの顔色が悪いことについても噂されており、病気が原因なのではないか?とも言われています。

まず身近にできることとしては、「日焼け対策」が挙げられました。

レーザー治療はお金もかかりそうですし、時間もかかりそうですね。

良性から悪性になる確率は低いとのことですから、経過観察でも問題はなさそうです。

 

あざは殴られて出来たもの?

もうひとつの説としては、なんと「殴られてできたあざ」という説があります。

テレビで度々女性に関するお話をされている梅沢さん。浮気がばれた際に奥様、もしくは娘さんに殴られてできたものなんていう物騒な噂も…!笑

テレビで度々、浮気のお話をされている梅沢さんなので奥さんに怒られても無理はないなと思ってしまうのでありえない話ではないと感じてしまいますよね…!

けど殴られたあざであればもっと大きいはずですし、ずっと残っているという事もなさそうなので

こちらは完璧に噂でしかないでしょうね(笑)

普段の梅沢さんのお話から噂がひろまっただけでしょうね。

やはり梅沢さんの痣は太田母斑ではないかと思われます。おそらく太田母斑が今までずっと残ってらっしゃるんでしょうね。

梅沢さんのキャラクターゆえに出てきた説でしょうね。

前にテレビで不倫について奥様と話している時に、奥様は「しょうがない」という雰囲気だったので、殴るといったことはなさそうです。

長くあざが残っていることも、殴られてできなあざではないことが証明できますね。

 

顔色が悪く病気の疑いも?

さらにもう一つの噂としては、「なにかの病気」なのではないかと言われています。

梅沢富美男さんは❝あざ❞だけでなく顔色も悪いと言われており、何かの病気が原因なのでは?と噂されています。

本当に病気を患っているのであれば心配ですね。

早速確認していきましょう。

梅沢富美男さんは顔の色が黒いため肝臓病ではないか?と心配する声が上がってきています。

肝臓病はお酒やタバコが原因となる事が多く、病気を患うと肌の色が黒っぽくなる症状が現れるとされています。

梅沢富美男さんは酒もタバコも嗜まれるということで、肝臓病になる可能性はありますね。

本当に肝臓病が原因で顔色が黒くなっているとすれば、かなり心配ですね…。

現在もテレビで見ない日はないくらい活躍されていますし、きちんと検査して、早期に治療をして頂きたいです。

梅沢富美男さんの顔の左側の❝あざ❞は肝臓病が原因といった噂も浮上しています。

肝機能が低下すると、顔が黒くなる他に、肌のターンオーバー(細胞分裂により、一定の周期で肌の生まれ変わりが行われる機能)が低下するため、シミやくすみ、色素沈着などを起こしやすい状態になるとのこと。

また、人間には人間の肌を肌色に保つ肌色メラニンとしみや日焼けの原因となる黒色メラニンというものがあり、そのうちの肌色メラニンを増やす働きがあるグルタチオンという物質が減少するため、顔が肌色から黒色になってくると考えられています。

梅沢富美男さんの顔が以前より黒くなっていることや、あざが視聴者にも確認できるくらい目立ってきていること、シミが出現してきていることなどが本当であれば、肝臓病である可能性は大いにありそう。

顔の色が黒い原因が病気でないことを祈りますが、年齢も年齢ですし心配です。きっと奥様も心配されていることでしょう。

この説はもしかすると有効な説かもしれません。

嗜好品が多い梅沢さんにとって、肝臓病は避けては通れないような気がします。

それでも梅沢さんはお酒だったり飲むことを辞めたりはしなさそうですけどね(笑)。

 

スポンサーリンク

梅沢さんの本名は?

話は打って変わって、梅沢さんの本名やプロフィールについて調べてみました。

本名:池田富美男(いけだとみお)

生年月日:1950年11月9日

年齢:66歳

出身地:福島県福島市

血液型:B型

身長:168cm

職業:俳優

舞台役者や歌手として活躍していた梅沢富美男さん、以前から芸能界ではかなり気むずかしいイメージでしたよね。

でも、最近ではバラエティ番組に出演してはダウンタウンの浜田に頭を叩かれたりしても怒ったりせず空気を読んで笑いを取るキャラで人気があります。

そんなこともあって、今の若い世代に取っては梅沢さんが「バラエティ番組に出るキレ芸のおもしろいおじさん」と思われているかも知れませんが、実はすごい方なんですよね。

本名では池田冨美男と、「梅田」の方が芸名だったことに驚きでした。

最近ではバラエティにも引っ張りだこの梅田さん。

あざのことも気になりますが、個人的にも長くテレビに出ていてほしいと、そう願うばかりです。

コメント